損をしたくないなら!

プリウスα記事一覧

プリウスからワゴンタイプ(ミニバン)が登場して話題になっています。プリウスアルファは5人乗りと7人乗りがあって、ハイブリッドカーで車内が広い車が欲しい方には魅力的ですね!そんなプリウスαのクチコミや評判ですが、■良い口コミトータルバランスがよく、燃費や居住性、乗り心地とも満足です。実燃費も20km/l以上になり、長距離も安心して乗れるセカンドシートでも乗り心地がいいし静かで疲れない!ガソリン高騰し...
プリウスαは2011年5月に発売され、非常に人気がある車です。発売当初で納期が1年後ということもあったようです。2011年4月現在も納期が数ヶ月後という人気っぷり。新車販売台数も2011年には25万台以上売れていて現在も販売台数を伸ばしています。そんな人気のプリウスαの値引き額は0円です・・・・。車体価格からの値引きはほとんど期待できません。あと1年〜2年ほど待てば10万くらいの値引きが可能かもし...
プリウスαは人気のあったプリウスの車載性能を高めたモデルです。そのため車内の空間が広くなっており、その影響からかカタログ上での燃費性能は、プリウスより大きく下回っています。そのために実燃費でも差が大きいと思われがちですが、実際はそのようなことはありません。理由は、ハイブリッドカーにおけるカタログ上の燃費というのは、一般人が出そうとして出せる値ではないからですね。そのため、カタログ上では大きな燃費の...
車市場には中古車という枠の他に、新古車と呼ばれる枠もあります。これは一般の中古車と違って、ほとんど未使用の中古車を表したり、場合によっては本当に未使用だけれども中古車として販売されているものも含まれます。これらは販売台数の維持や注文のキャンセルなど、様々な理由で中古車となってしまった車なのですが、新車と遜色がないのに中古車として購入できるので非常に安く購入することができます。プリウスαの新古車は?...
プリウスαとプリウスの大きな違いはその車内の広さです。多人数が乗ることを目的とした車であるプリウスαは通常のプリウスに比べて車体重量が重くなっており、その分試乗してみると走り出しにちょっと遅いかなという違和感を感じる人も居られるようです。ただ、違和感を感じるのは走り出し直後ぐらいで、その他の場面に関して乗り心地に関してはプリウスαもプリウスも大きな違いが感じられないようです。これは大人数を乗せた場...
プリウスαに関する税金は通常のプリウスを全く同じだと考えておけば大丈夫でしょう。>プリウスの税金これはどちらの車も同じ区分に属しているからです。プリウスαの場合は多人数積載のために自動車重量税が多く掛かるようなイメージがあるかもしれませんが、実際には1450kg程度とプリウスと同じ区分内に収まっているので多く税金が掛かるということはないです。具体的な金額もプリウスの時と同じで、自動車税が3万950...
税金の面でも同じでしたが、エコカー減税や補助金に関してもプリウスαとプリウスは同じと考えて問題ありません。要はプリウスをワゴン車にしたものが、プリウスαだと思ってもらえば大丈夫です。そして減税について簡単に言えば、購入時の重量税と自動車取得税が免税されて、購入した翌年の自動車税が半分になるというものです。金額もプリウスとプリウスαは、ほとんど同じで、車両の値段に少し違いがあるために全体での減税金額...
プリウスαはプリウスと基本的な性能はほとんど同じ車です。ただ、重量がプリウスに比べて150kgほど増しており、積載能力も高いのでより重い状態で走ることが想像されます。そうなるとやはり乗り心地にも違いが出てくるようで、プリウスαは、プリウスと比べて出だしの加速に少し違和感を感じるそうです。しかし、これは通常ならばあまり考えられないことで、重量が増してもこれだけの違和感で抑えられているのは遮音性を高め...
車内のスペースが広いので、プリウスαは車中泊に適している車だといえるかもしれません。ちょっと見た感じでは3列目のスペースなどが狭そうに見えるのですが、実際にはそれほど狭いわけではないので意外な広さを感じることができるでしょう。ただ、車中泊となるとどのように寝る場所を確保するかが問題になってくると思います。プリウスαの場合だと大人二人までならば十分に可能でしょう。また、ワゴン車なので天井がある程度高...
寒冷地仕様と聞くとどうしても北海道などの雪国を想定したオプションだと考えてしまう人が多いようですが、プリウスαの場合は単純により高性能なオプションがつくと考えてもらった方がいいかもしれません。それというのもプリウスαは、寒冷地仕様でしかついてこないオプションがあるからですね。寒冷地仕様の中でも特に注目すべきなのは、排気熱回収器付きサブマフラーがついてくる点です。これが有るのと無いのとでは熱交換など...
プリウスαは、7人乗りの方を選ぶと、バッテリーとしてリチウムイオン電池を使用します。名前だけならば皆さんも聞いたことが多いと思いますが、この電池はまだ新開発の技術といってもいい段階で有る為、月に1000台程度ずつ生産している状況です。そのため、プリウスαも月に1000台程度の生産となります。このリチウムイオン電池に限ったことではありませんが、バッテリーというものは時間が経過すると段々と性能が落ちて...